Loading...

代表メッセージ

誰もが活躍できるチャンスを社会に均等に与える、
それがVERTEXグループのビジョンです。

VERTEXグループは、「PROVIDE OPPORTUNITY FOR ANYBODY.(誰もが活躍できるチャンスを社会に均等に与える)」をビジョンに掲げる、人材育成事業やプラットフォーム事業を行うベンチャー企業です。 私自身、2013年から起業というものを経験し、自分で会社を設立したのが2014年、かれこれ5年ほど起業家としての人生を個人的に歩んでいます。この5年間を振り返ると、起業していきなり数千万円ほどの仕事の受注をしたり、新規事業で事業化に失敗し赤字を出しすぎて会社が傾きかけたり、本当に波乱万丈な出来事が待っていたのですが、それでも今こうやって会社をやっているのはなぜなんだろう?と考えることが特に最近になって増えてきました。自分が本当にしたいことって何なのか?死ぬまでにしたいことって何なんだろうか?考えることが多くなりました。なぜ会社をしているのか? それは、私自身いろんな方々からいろんなチャンスをいただいて、活かしたこともありますし活かさずに殺してしまったこともありますが、自分みたいな何もない人間が今こうやって普通に社会で生きていけてるのは、言うまでもなく周りのいろんな方々からの機会があったからだと強く思っています。 そうであれば、今度自分がそれを他の人にチャンスを与えていくようなことをしていきたい。チャンスを与えた上で活かすも殺すも自分次第だし、結果的に自分が努力しないことには何もはじまりませんが、チャンスを与えることくらいなら自分たちでもできるんじゃないだろうか、そういうチャンスを待っていて与えられたら花が開く人たちというのは多くいるんじゃないだろうか。私はそういう思いで、せっかく自分のバックグラウンドを活かすのであれば、これから自分が死ぬまでにそういう社会を実現していきたい。そのように考えています。 そもそも、なぜ世の中の人は仕事をして働くのか?ただお金を稼ぎたいだけなら、不動産投資とかをはじめとした不労所得ビジネスは世の中に数多く存在しますし、わざわざ働く必要性などないはずです。正解はないかもしれませんが、少なくともこの会社で働くこと、このベンチャーで働くこと、については私は「圧倒的に大きな成果を出していき、見たこともないような大きな成功を実現するため」だと考えます。これがVERTEXグループの存在意義でもあります。 では、「成功」とは何なのでしょうか?「成果」とは何なのでしょうか?成功とは「ミッションの達成、自分たちのやりたい仕事ができている状態」のことを指し、そのために今の事業におけるカスタマー、つまり価値を感じてお金をくださる方々に対しての期待に応えたものが成果なのである。僕たちは、圧倒的な期待に答えるものを作り出すことによって、大きな成功を目指していこう。そのように決意しています。 今後も、従業員一人ひとりがVERTEXグループで働くことを誇りに思い、日々やりがいを感じ、それぞれの能力を最大限に発揮できる環境を整えることで、全員で様々なことにチャレンジし続けます。 VERTEXグループは、「PROVIDE OPPORTUNITY FOR ANYBODY.(誰もが活躍できるチャンスを社会に均等に与える)」をビジョンに掲げ、これからも事業に邁進してまいります。