VERTEXグループMISSION 世界の仕組みを大きく変える、
10年後の新しい常識を創り出す。

今、世の中にない新しいチャンスを生み出す為には、常識と呼ばれるモノと戦い、価値観を覆さなければならない。そんな生半可じゃないミッションを成し遂げる為には、高いレベルのチームワークで成果を出し続ける事が必要だ。その為に必要な3つのValueをVERTEXグループでは次のように定めている。
今回のインターン採用選考キャンプに参加する人達には、全員にこの気持ちを持って参加して欲しい。

  • Value01

    Think beyond

    既存の枠組み・常識に囚われず考える。
    できる・できないではなく、どうやったらできるかを考える。

  • Value02

    Move extremely

    中途半端を許さず、徹底的にこだわり抜く。

  • Value03

    For the success

    全ては「成功」の為に、圧倒的な「成果」を出す。
    圧倒的な「成果」を出す為には、個人プレーではなく常にチームプレーで結果を出さなくてはならない。

10年後の
新しい常識を創るのは、

枠を飛び越える行動力
×
成果へのこだわり
×
最高のチームワークだ。

より大きな「成果」を出す為には、1+1が3にも4にもなるチームワークが必要だ。
そして成果を出し続けた先に、自分達が成し遂げたい「成功」。
つまり「新しい常識を創る」事の実現が待っている。
だからこそ、今回の採用選考キャンプでは、この3つの観点から評価する。
共に、答えのない道に進もう。

キャンプで習得できる言語・スキルLANGUAGE and SKILLS LEARNED at CAMP

  • HTML ★★★

    HTMLとは、ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語で、HTMLとCSSは基本的にはセットで使用します。

  • CSS ★★★

    CSSとはウェブページのスタイルを指定するための言語です。HTMLとCSSは基本的にはセットで使用します。

  • Bootstrap ★★★

    フォーム、ボタン、ナビゲーションなどの構成要素やJavaScript用拡張などがHTML及びCSSベースのデザインテンプレートとして用意されているWebアプリケーションフレームワークです。

  • Ruby ★★ ★★★

    Webサービスを構築することを主眼に開発されているプログラミング言語です。日本ではスタートアップや新規プロジェクト開発に採択されるケースが多く、近年ニーズが急速に高まっています。

  • Rails ★★★ ★★★

    Rubyでのアプリケーション開発を容易・高速化することを目的に開発されたフレームワークです。Rubyとセットで学ぶことで汎用的なアプリケーションを開発できるようになります。

  • Unixコマンド ★★★

    コマンドとはコンピュータを操作する命令であり、Webサービスやアプリを開発するのに必須のものです。

  • SQL ★★★

    SQLはデータの管理や分析を行うデータベース言語です。

  • Git ★★ ★★★

    git(ギット)とは、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムです。

  • Slack ★★★

    メールやSNSに代わるコミュニケーションツールとして近年注目されているのがSlackです。ベンチャー企業、スタートアップ企業での採用はもちろん、大企業においても導入例が見られます。

インタビューINTERVIEW

  • 前田 明宏過去キャンプ参加者 現在正社員として勤務

    本気で成長したい。その想いを共有できる仲間と出会えました。

    ①前回のキャンプへ応募した理由 応募した一番の理由は、コミット次第で、今の自分の現状を大きく変えることができるチャンスだと感じたからです。というのも、自分は大学を中退し、その後就職した会社も3ヶ月で辞めていたという過去が…

    もっと読む

    前田 明宏過去キャンプ参加者 現在正社員として勤務

    本気で成長したい。その想いを共有できる仲間と出会えました。

    ①前回のキャンプへ応募した理由
    応募した一番の理由は、コミット次第で、今の自分の現状を大きく変えることができるチャンスだと感じたからです。
    というのも、自分は大学を中退し、その後就職した会社も3ヶ月で辞めていたという過去があります。この状況をなんとしてでも打破しなければならないと思っていた矢先、VERTEXグループのキャンプを見つけました。このチャンスをどんな手を使ってでも自分のものにして大きく成長したいというその一心で応募しました。
    インターン期間中は毎日、プログラミング漬けの日々でフルコミットした結果、自分が想像していた以上の濃い経験を得ることが出来ました。現在ではキャンプの結果を評価して頂き、WebエンジニアとしてCtoCのWebサービスに携わることができています。

    ②前回のキャンプで印象に残った事
    一番印象に残ったことは、コードが書けるだけではエンジニアとして不十分であるということです。
    今回のキャンプでは、自分でWebアプリを企画・開発・リリースをし、役員の方々にプレゼンをするまでが課題でした。
    アプリが動くのは当たり前で、その上でどのような人々に価値を提供したいのか。どのようにマネタイズをするのか。自分がこのサービスをつくる原動力は何であるのか。など、コードを書く以外の部分も考える必要性がありました。プログラミングをすることでどのような価値を提供できるのか深く考える機会を得ることができたと思います。

    ③VERTEXグループに関して
    実際に働いてみて感じるのは、会社全体のスピード感と社員の方々のコミット力の強さです。
    実際に稼働しているサービスでは常に状況は変わっていくため、柔軟にスピード感を持って対応を求められます。
    今、何が一番重要でどれを優先しなければならないのか。この機能をつけるとユーザーがどのようなメリットを感じるのか。ということを常に考え、それを実践することができる環境なので本当に充実した時間を過ごすことができています。

    ④次回参加される方へ
    このキャンプに参加すれば、誰でも成長できるとは言えません。
    というのも成長出来るかどうかは自分自身にかかっていると思うからです。
    その上で、今の現状をなんとしてでも変えたいという、ある種の危機感を持っているなら必ずあなたにとって良いきっかけになります。
    また、キャンプに参加して感じたのは、コミットをした分だけ自分の成長に大きく繋がり、想像以上の濃い時間を過ごすことができたということです。
    受動的ではなく主体的に行動し続けることで、それが自らの成長の糧になるのだと感じました。そしてコミットをすればするほど応えてくれる環境もこのキャンプにはあります。大きく成長し、今の現状をなんとしてでも変えたいと思う人は是非参加してみてください!

  • 山口 仁志過去キャンプ参加者 現在正社員として勤務

    人生を変える。僕にとってのチャンスがここにありました。

    ①前回のキャンプへ応募した理由 私がキャンプに応募した理由は主に2つあります。1つ目は、短期間で集中的に取り組むことでWeb系エンジニアとしてのスタートをきれる技術力を一刻も早く身につけたいと考えており、そのための環境があると思…

    もっと読む

    山口 仁志過去キャンプ参加者 現在正社員として勤務

    人生を変える。僕にとってのチャンスがここにありました。

    ①前回のキャンプへ応募した理由
    私がキャンプに応募した理由は主に2つあります。
    1つ目は、短期間で集中的に取り組むことでWeb系エンジニアとしてのスタートをきれる技術力を一刻も早く身につけたいと考えており、そのための環境があると思ったからです。
    2つ目は、制作課題に合格した場合には実際に提供されている自社のWEBサービスの開発業務に携われる可能性に魅力を感じたからです。
    実際、他の参加者の中には、今回のために京都から飛び出してきた私と同様にフルコミットしている方もいて、そうした方達と切磋琢磨できる状況に身を置くことで、1人だけでは至れなかったであろう水準まで自分を追い込めたことは非常に幸運でした。
    また、現在自社のWEBサービスの開発業務に携わっており、困った時には先輩エンジニアや同期と相談することで解決して成長していける恵まれた環境で充実して働けていることを非常に嬉しく思います。

    ②前回のキャンプで印象に残った事
    Webサービスの制作課題を通じて、自分が作りたいものをプログラムで具現化する方法はもちろんですがその他にも、サービスを提供する対象者やマネタイズの仕組みといった企画の具体的な部分についても考える機会がありました。
    また、他の参加者が制作したサービスが実際にリリースされてユーザーに使われている様子を目の当たりにしました。
    それらのことを通じて「サービスはそれを使う人がいて初めて社会的価値を認められる。サービスの向こう側にいるユーザーを意識して開発する姿勢を開発者は常に持ち続けることが大切である。」ということを少しでも体感できたことが非常に印象に残っています。

    ③VERTEXグループに関して
    VERTEXグループのメンバーは全員がフルコミット且つスピーディーな意思決定と行動力の下、日々の業務に当たっているので、適度な緊張感の中、各人が責任を持って業務に邁進できる環境が整っています。
    また、CSやマーケティングのメンバーとの距離感も近く、リアルなユーザーの声から見えてくる改善事項やサービスの広告戦略などといった異なる業務の話に触れる機会があります。
    それらを通じて、私達が提供しているサービスの向こう側には確かに一人ひとりのユーザーがいて、その人達や未来のユーザーに対して社会で活躍するチャンスを掴むための手段としての有益かつ信頼に足るサービスを提供することで社会に価値を提供しているということを日々実感しながら働ける点が非常に魅力的です。

    ④次参加される方へ
    自分の努力次第で可能性を現実のものにできる環境がこのインターンにはあります。
    次回のインターンの参加者もおそらく今回同様20代の方達が主になるのではないかと思います。
    いろいろな人生の可能性がありそうに思えて一つのことに集中することが難しい時期に、このインターンを人生の節目として自分の人生を切り開いてみせるという気概のある方は是非応募してみてください!

  • 原田 過去キャンプ参加者 現在インターン生として勤務

    プログラミングをゼロから始めるにあたってこの上ない環境を得ることができ本当に幸運でした。

    ①VERTEXグループのアルバイトに応募した理由 普段生活している中で「こういうアプリがあればいいのに」という機会は多々あると思います。そういうときに思うだけではなく、実際に自分でアプリを作れるようになるためのスキルを身に…

    もっと読む

    原田 過去キャンプ参加者 現在インターン生として勤務

    ここでの経験があるから、今の自分がいるんだと思います。

    ①VERTEXグループのアルバイトに応募した理由
    普段生活している中で「こういうアプリがあればいいのに」という機会は多々あると思います。そういうときに思うだけではなく、実際に自分でアプリを作れるようになるためのスキルを身に付けたいと思ったのが最初にプログラミングに興味を持ったきっかけです。そんな中でVERTEXグループのキャンプの存在を知り、プログラミングはもちろんパソコンもあまり使っていない状態であったにも関わらず、即応募しました。キャンプに参加してみて、プログラミングの面白さと難しさの両面に触れることができ、もっと深く本格的にプログラミングにコミットしたいと思い、現在はVERTEXグループでアプリエンジニアとして自社アプリのサービスに関わらせていただいています。

    ②VERTEXグループのアルバイトで印象に残った事
    毎週末授業を2日間受け、平日は会社のオフィスで自習するという生活を通し、少しずつですが確実に自分が成長していることを感じることができました。 参加者はもちろん、講師や社員の方も含め、全員とても個性的で多様なバックグラウンドを持っている方々ばかりでした。そのため毎日オフィスで顔を合わせ、いろいろ話したりプログラミングについて相談したりすることが楽しくなり、それがモチベーションになり楽しく学習を進めることができました。 プログラミングは面白い部分も多いですが、一方で難解で挫折しそうになるポイントも多々あります。今回のキャンプに参加せずに一人でやっていたら、詰まった時に思うように解決できず、確実に挫折していたと思います。プログラミングをゼロから始めるにあたってこの上ない環境を得ることができ本当に幸運でした。

    ③VERTEXグループで働いてみて
    プログラミングの基礎的な部分はキャンプでしっかり教えていただき、アプリを作る大きな流れや機能の付け方なども学ぶことができたのですが、個人が作るアプリと実際に多くのプロが関わり商用利用されているアプリには大きな違いがあります。そういうプロの仕事は実際に会社に入ってみないと学べず、一方でVERTEXグループという会社は、こちらが学ぶ姿勢さえ持っていれば優秀な先輩エンジニアがとても丁寧に教えてくださる会社風土があります。ちょうど今日も貴重な業務時間を一時間半も割いて、iOSアプリの課金処理、メモリリーク問題などについて勉強会を開いてくださいました。このような環境なので、キャンプの時以上のスピードで成長できていると感じています。 また自社サービスを運営しているスタートアップなので、プログラミング以外にも、サービスとしてのスケールの方法、訴求の仕方など、このような環境でしか学べない多くのことに触れることができ、非常に日々充実しています。

    ④今後VERTEXグループのキャンプやインターンに参加される方へ
    現在世界的にソフトウェアエンジニアの数が全然足りておらず、この傾向は今後さらに拡大すると言われています。日本においてもその傾向は強く、需要が拡大するにつれてプログラミングスクール等の費用は高騰しています。そんな中で、お金もかからず短期集中でエンジニアとしてのスタートダッシュを助けてくれる本キャンプの存在は大変貴重であり、そういう意味でこのページを見つけた人は非常にラッキーだと思います。これほどまでにリスクがないにも関わらずリターンが大きいチャンスは、人生という長いスパンで見てもなかなかないことだと思います。今までにプログラミングをやったことがあるか、パソコンやWEBの仕組みに詳しいか、そういったことは全く関係ありません。とにかくプログラミングによって何かを変えたい、と思っている人はすぐに応募するべきです。

Period

2019.02,20(Wed) - 03.30(Sat)

APPLYインターンに応募する